2010年12月30日

ドル売りの流れが継続

TKY午前=マーケット全般でドル売りの流れが継続



 東京タイム午前はNY市場の流れを引き継ぎ、序盤からドル売り圧力が強まる展開に。ドル円はNY市場でつけた81.61円の安値を下回ると、 81.50円にあったストップロスの売りオーダーをこなしながら下値を切り下げ、一時11月9日以来の安値となる81.28円まで下落した。その後はやや値を戻したものの反発力は乏しい。

 主要通貨も対ドルで軒並み堅調に推移。豪ドル/ドルが1982年7月以来の高値となる1.0198ドルまで一時上昇し、1.02ドルの節目をうかがう動きに。ドルCHF(スイスフラン)は一時0.9417CHFまでドル売り・CHF買いが進行し、スイスフランは対ドルで史上最高値を更新した。ユーロやポンドも対ドルで上昇しており、ユーロドルは1.3260ドル、ポンドドルは1.5530ドルの高値をつけるなど、ドル売りの動きが鮮明となった。

 一方でドル売りに伴うドル円の下落で、クロス円はドルストレートの動きとは対照的に、さえない動きとなった。ドル円の安値更新につられて、ユーロ円は9月14以来の安値107.60円に達し、ポンド円も126.16円まで下落して年初来安値を更新。その後はユーロドル、ポンドドルの動きに連れてやや買い戻されたものの、全般的に頭の重い動きが続いた。

 午後も特に大きな材料は控えておらず、債券・株式など他市場の流れを見ながらの展開が続くだろう。東京株式市場は本日が取引最終日だが、次第に動意が薄くなり、為替市場に与える影響が弱まってくることも考えられる。ただしロンドン勢の参入を待って、NYと同様に米債利回りの動向が材料として蒸し返されれば、薄商いの中で一段のドル安局面となる可能性もあるため注意しておきたい。

 11時58分現在、ドル円は81.43円、ユーロドルは1.3227ドル、ユーロ円は107.71円で推移。


FX 外国為替投資倶楽部/中山金杯/京都金杯





posted by 株マニア at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

28日米指標結果を受けて、米10年債利回りは3.385%まで上昇

 米10年債利回りが上昇幅を拡大。米12月リッチモンド連銀製造業指数が+25となり、市場予想の+11より強い結果となったことを受けて、米景気の持ち直しに対する期待感から、10年債利回りは 3.385%まで上昇幅を拡大。ただ、同時に発表された、米12月消費者信頼感指数が52.5と、市場予想56.4を下回ったことで、やや伸び悩んでいる。

 0時5分現在、米10年債利回りは3.381%、ドル円は82.10円、ユーロ円は107.92円で推移。



ユーロ円の下落が一服、108.10円前後へ戻す12/29 00:25





 ユーロ円の下落が一服。一時107.73円まで下押ししたが、さらに下方向を試す動きとはならず。その後は、ドル円が82.15円まで戻す動きに合わせて、108.10円前後まで水準を持ち直している。

 0時24分現在、ユーロ円は108.09円、ドル円は82.16円で推移。
FX 外国為替投資倶楽部/中山金杯/京都金杯





posted by 株マニア at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

ドル円は82円後半で底堅い

 ドル円は、為替市場全般で中国利上げを意識したリスク回避の動きが先行したなかでも底堅く推移。仲値需要のドル買いが大きく膨らんでいたことが背景となり、リスク回避の動きに対しても、ドル買いの方向でより強く反応したもよう。ただ、「輸出筋も売りオーダーをしっかり置いてきている」(邦銀筋)ようで、「オーダーの水準に届かない場合は必要な分を売ってくる姿勢」(同)だという。

 10時12分現在、ドル円は82.95円、ユーロドルは1.3105ドル、ユーロ円は108.69円で推移。


FX 外国為替投資倶楽部

posted by 株マニア at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

ユーロは軟調、ユーロドルは1.3217ドルまで下落

ユーロは軟調、ユーロドルは1.3217ドルまで下落



12/09 18:52



 ユーロは軟調。ロンドン勢の本格参入を受けて売りが強まっており、ユーロドルは1.3214ドル、ユーロ円は110.95円、ユーロポンドは0.8377ポンドまで下落している。

 18時51分現在、ユーロドルは1.3215ドル、ユーロ円は110.93円、ユーロポンドは0.8381ポンドで推移。





FX 外国為替投資倶楽部

posted by 株マニア at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

東京インターバンク

東京インターバンク市場取引(6日)

12/06 18:01
□東京インターバンク市場取引(6日)

ドル/円
寄付 82.78−80
高値 82.99
安値 82.67
終値 82.77−78
中心 82.88

ユーロ/ドル
寄付 1.3413−15
高値 1.3423
安値 1.3331
終値 1.3364−65
移。
FX 為替情報局
posted by 株マニア at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

FOMC声明文見通し

 今回の声明でさらに重要なポイントは「2大目標に沿うインフレ水準」、もっというと「統治する目標(mandate)」という文言を利用するかが焦点となろう。足元FRBの政策がQE2への誘導であることを踏まえると、仮にこの文言が登場すれば、11月で発表するQE2が労働市場とインフレ水準を回帰させる最後の手段ではないことを示唆する。
 ボストン連銀での講演でバーナンキ議長は、追加的な資産買取は将来のインフレ見通しと相関性をもって協議されていると示唆したが、資産買取に不透明性が残るなかでは困難な政策運営を強いるアプローチは避けるのではないか。「長期にわたる低金利政策」がコア消費支出(PCE)でのインフレの水準と結びつけるような協議・決定を、一度の会合で踏み切るには不十分だろう


ポイントオークション/ペーニーオークション/1円オークション/安オク /ネットオークション/ポイントオークション相互リンク/1円オークション/ポイントオークション/安オク/ネットオークション/ペニーオークション/人気オークション/1円オークション相互リンク/安オク/ペーニーオークション/1円オークション/ネットオークション/ポイントオークション/フードショップ相互リンク/ネットオークション/ペニーオークション/1円オークション/ポイントオークション/安オク/ネットオークション相互リンク/ペニーオークション/ペニオク/ネットオークション/1円オークション/ポイントオークション/安オク/ペニーオークション相互リンク携帯無料ホームページ
posted by 株マニア at 04:35| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

為替 ドル円 動向 10/16

 為替市場は完全に来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で想定されているQE2(追加金融緩和)を織り込んだ形で、ドル安、金価格上昇、米長期金利低下傾向が続きそうだ。この状況下、現在明白な事象としてドル安、株価はリフレ圧力から上昇、グローバルな金利低下傾向となっている。欧州中央銀行(ECB)理事のウェーバー独連銀総裁は出口政策を示唆するような発言をしているが、オーストリア中銀のノボトニー総裁からはECBの債券買い取りはまだ安全策として維持すべきとの発言もあり、ECBの大勢はまだ債券買い取り中止の方向ではないことは確かである。一方、FOMC議事録によると、9月のFOMCではインフレターゲティング政策・物価水準・名目国内総生産(GDP)などを目標とすることが検討されたようで、より追加緩和政策の期待を市場に抱かせたと思われる。



来週はG20サミットを前に口先「断固介入」のみか



 来週は重要な経済指標はなく、週初の18日に8月対米証券投資、9月鉱工業生産、19日に9月住宅着工件数などが発表される程度である。最大の注目材料は22−23日に韓国で開催されるG20財務相・中銀総裁会議であり、G7で介入は肩身の狭い立場であったが、G20では中国、韓国などが自国通貨安政策を明確に打ち出してある。議長国の韓国の対応に注目である。菅首相はやや自業自得的な発言で韓国・中国を名指しで介入批判をしたツケは大きく、自国通貨を大幅に安くしない限り、要はスムージングオペレーションであれば、欧米からの批判を回避できるかはどうか波乱含みである。

 テクニカル的にも市場のムードは徐々に上値が切り下がって来ており、円高の先高感は依然強くドル円の戻り売りスタンスが続くだろう。中期支持線が88円→81.66円ですでにこの支持線を割れて、一時的に81円を割れて80.88円まで付けた。これが直近の上値の抵抗ポイントとなる。上値は依然重く、直近では21日短期抵抗線は82.38円近辺で上値を抑制している。当局の介入がない場合は15年振りに79.75円を付けてさらなる新値を試す展開か。








1円オークション/ネットオークション/ペニーオークション/ペニーオークション/ポイントオークション/ポイントオークション相互リンク/安オク/ヴィンテージ/博多もつ鍋/携帯アフィリエイト/携帯無料ホームページ








posted by 株マニア at 20:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

週間アウトルック

BOC声明文での追加利上げ言及の有無に注目

 加ドルの上値は重いか。米国経済について安心感を誘うデータも出たが、カナダ経済の減速を示す指標が出るかは気掛かり。注目は8日にカナダ銀行(BOC)金融政策決定会合。市場では25bp利上げが見込まれるが、OISから算出した25bpの利上げ織り込み度は60%程度と、完全に織り込まれではいない。前回の声明文では金融緩和解除継続へ含みを残したが、2010年・2011年の予想成長率は下方修正された。利上げが完全に織り込まれていないことから、利上げ実施で加ドルは買いで反応しそうだが、追加利上げへの言及次第で反落もありえる。また、10日に加8月雇用指標の発表も控えており、内容には警戒しておきたい。テクニカル面では、ドル/加ドルは7月初旬に上値を抑えられた1.07加ドルがポイントとなるが、同水準をこなすと5月25日につけた年初来高値となる1.0854加ドルまで加ドルの下落余地が広がる。一方、8月19日につけた1.0248加ドルが加ドル上昇のメドとなりそうだ。


携帯アフィリエイト/競馬予想
posted by 株マニア at 05:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

ECBスタッフ見通し、2010、11年の成長・物価を上方修正

 トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁は9月2 日、定例理事会後の記者会見でECBスタッフ見通しを発表した。トリシェ氏は、会見で「最新のデータは予想より強かった」、「明らかに二番底に陥らないことを示す」と発言したように、成長見通しを引き上げた。またインフレについては「リスクはやや上方に傾いている」と述べた通り、インフレ見通しも上方修正した。今回の結果を受け、以下は前回と今回の国内総生産(GDP)・インフレ(統合消費者物価指数=HICP)見通しの内容。なおECB見通しは四半期に 1回変更され、3、6、9、12月に行なわれる。

2010年見通し(9月時点)
GDP 1.4%の上昇−1.8%の上昇 中央値 1.6%の上昇
HICP 1.5%の上昇−1.7%の上昇 中央値 1.6%の上昇  
2010年見通し(6月時点)
GDP 0.7%の上昇−1.3%の上昇 中央値 1.0%の上昇
HICP 1.4%の上昇−1.6%の上昇 中央値 1.5%の上昇 
 
2011年見通し(9月時点)
GDP 0.5%の上昇−2.3%の上昇 中央値 1.4%の上昇
HICP 1.2%の上昇−2.2%の上昇 中央値 1.7%の上昇
2011年見通し(6月時点)
GDP 0.2%の上昇−2.2%の上昇 中央値 1.2%の上昇
HICP 1.0%の上昇−2.2%の上昇 中央値 1.6%の上昇


スプリンターズステークス 2010/スプリンターズ・S 2010/スプリンターズステークス 2010
スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010
posted by 株マニア at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

投資戦略(クオンツ)

ファクター/スタイル:「引き続きモメンタム・バリュー」

 PBRが効かない相場環境が続いている。PBRが効かない背景には、季節性の他にバリュー・スプレッド(以下、VS)がある。VSはPBRが効く余地で、母集団の銘柄をPBRの低い順に並べた際、ランキングが全体の75%に位置する高PBR銘柄のPBRと、25%に位置する低PBR銘柄のPBRの比で定義される。VSが小さいほど、将来にPBRが効きにくくなる。暫くPBRが効きにくかったことで、VSの過去平均に対する下方乖離が解消しつつあるものの、依然下方乖離状態が続いている。まだPBRにベットしにいくよりも、モメンタム・バリュー(進捗率等のリビジョン系ファクターとPERの組み合わせ)を推奨したい。また、PBRファクターに対する比較優位(現在、PBRよりも配当利回りの方が、VSが大きい)や、国債利回りに対する比較優位から、配当利回りファクターの有効性も期待されよう。




債務整理/中央競馬/勝ち馬/単勝 馬券術/スポニチ 競馬/投資競馬



posted by 株マニア at 11:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日足テクニカル・ユーロドル=雲のサポート割り込み動きさえない

 陰線引け。雲のサポートを割り込んでいる。

 転換線の抵抗が重く見えてきた。21日移動平均線(本日1.2883ドル前後)を目標とした戻りを狙う動きもいったん後退。雲の上限と低下傾向の90日移動平均線(現在1.2635ドル)に挟まれたレンジ前後で、しばらくさえない動きが続くことになるか。



レジスタンス1.  1.2746(日足一目均衡表・転換線)

前日終値     1.2664

サポート1.     1.2588(8/24安値)




債務整理/グリーンチャンネルスプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010

posted by 株マニア at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

カンザスシティ連銀総裁「経済の調整を反映して成長は緩やかにな

ホーニグ米カンザスシティ連銀総裁

「今年の米経済成長率を引き続き約3%と予想」

「経済の調整を反映して成長は緩やかになる」

「個人的には金融論議を追求し、集団思考は求めない」



ドルスイスフラン、1月後半以来の水準へ下落

 ドル売りが優勢に。ドルスイスフラン(CHF)は一時1.0226CHFと前日に続き1月後半以来のドル安・CHF高水準を示したほか、ドル円も一時84.41円と本日安値を更新した。米新規失業保険申請件数の後、米債利回りが上昇したことでドルが対CHFや対円で弱含んだもようだ。

 23時05分現在、ドルCHFは1.0227CHF、ドル円は84.47円で推移。




南アフリカランド/インド株/日興コーディアル証券/オリックス証券/楽天証券/マネックス証券

posted by 株マニア at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

インド株は小幅反発、買収合意を好感しプラス圏確保

◆SENSEX:18409.35 +7.53 +0.04%

 インド株式相場は小幅反発。印自動車大手マヒンドラ・アンド・マヒンドラが韓国の双竜自動車と買収合意したため、プラス圏を確保して引けた。株式指数 SENSEXはアジア株が軟調で手掛かり難となり、前日終値を上下する展開に終始。中盤でこそ18454.38pまで本日高値を更新するも、19日につけた2008年2月以来の高値付近では上値が重かった。12セクター中で6セクターが上昇。マヒンドラ・アンド・マヒンドラが押し上げ、自動車に買いが入った半面、資本財や銀行が軟調だった。


携帯アフィリエイトヴィンテージアフィリエイト成功法携帯アフィリエイト博多もつ鍋


posted by 株マニア at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

加7月景気先行指数は+0.4%、予想より弱いほか

 加7月景気先行指数は前月比+0.4%となり、市場予想の+0.7%より弱い結果となった。前月は+0.7%(+1.0%から修正)だった。
 加6月卸売売上高は前月比-0.3%となり、市場予想の+0.4%より弱い結果となった。前月は±0.0%(-0.1%から修正)だった。

米新規失業保険申請件数は50.0万件、予想より弱い

 米新規失業保険申請件数は50.0万件となり、市場予想の47.8万件より弱い結果となった。
 なお、前週分は48.4万件から48.8万件に修正された。



携帯アフィリエイト/博多もつ鍋/Lex Corp blog/サテライトシステム


posted by 株マニア at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

海外市場の動き

まもなく米7月鉱工業生産ほか発表

米7月鉱工業生産 〔予想 +0.5%〕 (前回 +0.1%)
米7月設備稼働率 〔予想 74.6%〕 (前回 74.1%)

NY市場は、世界経済の先行きに対する懸念が広がり、リスク回避の動きが活発と
なった欧州市場の流れを引き継いで軟調な展開で始まった。そして、ニューヨー
ク連銀製造業景気指数や対米証券投資が市場予想を下回る結果となったことを受
けてドルは上値の重い展開が続いた。 ドル/円は、小動き展開が続き上下30銭の
狭いレンジ内の展開となった。円は、日本政府や日銀の円高対策に対する警戒感
もあり、序盤以降は上値の重い展開が続いた。また、スイスフランは安全通貨と
して堅調な展開が続き、主要16通貨すべてに対して上昇となった。


インド株介護保険南アフリカランド株式投資日記



posted by 株マニア at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

13日の人民元の対ドル基準値は、1ドル=6.8035元

中国は、13日の人民元の対ドル基準値を1ドル=6.8035元と発表。

 本日の基準値は、12日に発表された基準値=6.8015元から+20pの元安・ドル高水準となる。



13日の外債・外国株式関連の投信設定



8月13日



運用 野村アセットマネジメント

名称 NEXT FUNDSダウ・ジョーンズ工業株30種ETF『愛称:NYダウ30種ETF』

販売 野村証券

上限 50億円

分類 海外株式型

※8月16日に大阪証券取引所に上場



運用 野村アセットマネジメント

名称 NEXT FUNDS NASDAQ−100連動型上場投信『愛称:NASDAQ−100ETF』

販売 野村証券

上限 50億円

分類 海外株式型

※8月16日に大阪証券取引所に上場





8月16日週の外債・外国株式関連の投信設定



8月16日



運用 岡三アセットマネジメント

名称 中国消費関連株オープン

販売 岡三証券、益茂証券

上限 500億円

分類 海外株式型






株式投資株式市況コスモ証券岩井証券日興証券













借金相談|法律相談|債務整理|司法書士|借金相談|法律相談|債務整理|司法書士|借金問題|借金相談|自己破産|多重債務|弁護士会|借金返済|弁護士相談|過払い請求|自己破産



posted by 株マニア at 12:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

バローゾ欧州委員長「欧州の経済成長の重要性を強調」

バローゾ欧州委員長
「欧州の経済成長の重要性を強調」
 23時45分現在、ユーロドルは1.2261ドル、ユーロ円は112.59円で推移。



ユーログループ議長「スペインは金融支援を要請していない」

ユーログループ議長
「スペインは金融支援を要請していない」
 23時44分現在、ユーロドルは1.2257ドル、ユーロ円は112.56円で推移。


証券・投資ニュース/証券・投資ニュース/介護保険/介護保険とは/保険者と被保険者/携帯アフィリエイト


posted by 株マニア at 00:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

ジェネリック通販|物が歪に見えてしまう白内障または加齢黄斑変性など…。

睡眠障害と言いますと、睡眠に類する疾病全体を幅広く指し示す医学的な単語で、夜中の睡眠が阻害されるもの、白昼に眠気が襲ってくるものもその対象に入ります。
最近では、価格を抑えてED治療をするために、レピトラ ジェネリックを個人輸入する人が増えています。
物が歪に見えてしまう白内障または加齢黄斑変性など、メインとして年齢の積み重ねが原因だとされている目の病気は数多く見受けられますが、女性の皆様に頻発するのが甲状腺眼症だということです。
我々は味噌はたまた醤油などを多く使う為、基本的に塩分を食し過ぎる傾向が高いと言えます。その食習慣のせいで高血圧になり、脳出血へと繋がってしまう事例も相当多いと言われます。
糖尿病に関しましては、インスリン生成がほとんど望めない「1型糖尿病」も存在するわけです。この病は自己免疫疾患だと定義されているようで、遺伝的な要因がかなりの確率で影響していると聞いています。
痒みに見舞われる疾病は、沢山あると言われます。掻いてしまうと症状が余計酷くなるので、絶対に掻くことを避けて、直ぐにでも病院に出掛けて手を打つことが大切になります。

突如として足の親指を代表とする関節が炎症を起こして、針で突かれるような痛みの出る痛風は、男性の人によく見られる病気と言われています。発作が出ますと、数日間は歩けないくらいの痛みが継続することになります。
インフルエンザウイルスに冒されることにより、陥ってしまう病気がインフルエンザであります。頭痛とか関節痛、高熱など、様々な症状が突発的に発生することになるのです。
何てことのない風邪だとスルーして、酷い気管支炎に罹患してしまう症例も相当多いと言われ、高齢者の場合、気管支炎が誘発した肺炎のために死に至る症例が、死因の第3位になっているのは知っていらっしゃいましたか?
よくある咳だと信じ込んでいたのに、驚きの病気になっていたということもないわけではありません。中でも病状がずっと変わらない場合は、専門のクリニックに行くことが必要です。
骨粗しょう症と申しますのは、骨を丈夫にする時に重要な栄養であるビタミンD・カルシウム又はタンパク質などを十分取り入れていないことや、飲酒喫煙や日光浴不足などが災いして発生する病気だということです。

激しい運動をした際に、筋肉が痛みに苛まれるという身体的変化が、筋肉痛です。下手をすると、運動だけに限らず、普通に歩くことすら回避したいくらいの痛みが出るのです。
充足された睡眠、変わることのない栄養バランスのいい食生活を意識してください。程良い運動は、新陳代謝機能や呼吸・循環器系機能を向上させ、ストレスを激減してくれます。
ストレスの多い方は、別名「ストレス病」を発現しやすくなると発表されています。毎日の生活を変えてみたり、ものの捉え方を変えたりして、積極的にいつもストレス解消に努力することが大切です。
蓄膿症だと思ったら、早期に医者にかかることが必要だと言えます。治療自体は長くかかるものではないので、普段と異なる鼻水が見受けられる等、変だと思ったら、躊躇わず医者に行きましょう。
常時笑いを忘れないことは、健康でいるためにも役に立つはずです。ストレスの解消にとどまらず、病気の阻止にも役に立つなど、笑うことには頼もしい効果が色々あります。
来週になると思いますがペクセップ うつに重点を置いて書いていきます。

posted by 株マニア at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

ドル売り優勢、ドル円はストップロスの売りを巻き込み93円割れ

ドル売り優勢。石油在庫統計発表後からの原油上昇もあってか、為替相場は全般的にドル売りが強まっている。原油相場と比較的相関性の強いユーロドルは1.3678ドルまで上昇。そのほか、ポンドドルは 1.5492ドル、NZドル/ドルは0.7149ドルまで上値を伸ばしている。ドル/加ドルも0.9954加ドルまでドル売り・加ドル買いが進んでいる。
 一方、ドル円は93円を割り込むと、ストップロスの売りを巻き込みながら、一時92.82円まで下落。クロス円も下押しており、ユーロ円は127円割れ水準、ポンド円も143.70円台まで下げている。
 0時42分現在、ドル円は92.90円、ユーロドルは1.3672ドル、ユーロ円は 127.03円で推移。


証券・投資ニュース/証券・投資ニュース
posted by 株マニア at 02:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする