2012年05月06日

SNS関連株の終焉 明日から暴落か?

明日から「今まで払った金返せ」の民事裁判の嵐が吹き荒れるのか!?



昨日、消費者庁は、コンプリートガチャが景品表示法で禁じる懸賞にあたると判断した



懸賞による景品類の提供に関する事項の制限

(昭和52年3月 1日公正取引委員会告示第 3号)



1 この告示において「懸賞」とは、次に掲げる方法によつて景品類の提供の相手方又は

  提供する景品類の価額を定めることをいう。

  一 くじその他偶然性を利用して定める方法

  二 特定の行為の優劣又は正誤によつて定める方法



5 前三項の規定にかかわらず、二以上の種類の文字、絵、符号等を表示した符票のうち、

  異なる種類の符票の特定の組合せを提示させる方法を用いた懸賞による景品類の提供は、してはならない。



懸賞による景品類の提供に関する事項の制限5項に分類される

つまり違法だった訳である

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120504-OYT1T00821.htm



「ドル箱を失った」だけでは終わらない可能性がある



今までにコンプガチャで売り上げた1200億円とも言われている金額が返金請求される可能性が残っている。



サラ金グレーゾーン金利の問題でもお解かりのとおり、今まで売り上げたお金を

消費者から法定金利を上乗せして過払い返還請求された訳です。

その結果あれだけの大手サラ金会社が破綻に追い込まれたわけです。



今回行政側は注意勧告に収まるが、民事訴訟は別物です



株式上場すら危険にさらされます。 上場廃止問題にまで発展するかは分からないが

大幅な株価下落は避けられないと思う





みんなの株式から引用

http://minkabu.jp/blog/show/433595

posted by 株マニア at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

週明け証券決済に大きな支障見込まれるとの報告ない

金融庁は11日夜、週明け14日の月曜日の資金・証券決済の見込みについて、現時点で大きな支障見込まれるとの報告はないとの状況を公表した。本日の資金・証券決済は無事終了したとしている。  東北地方の太平洋沿岸地域を中心に、店舗被災や職員の避難、停電、ATMやコールセンターの稼動停止が多数生じているとしているが、要金融機関の資金・決済システムは現時点で正常稼動しているとした。証券取引所や清算機関、証券保管振替機構は通常通り機能しており、日中取引を正常に終了したとした。
posted by 株マニア at 22:36| Comment(7) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

28日米指標結果を受けて、米10年債利回りは3.385%まで上昇

 米10年債利回りが上昇幅を拡大。米12月リッチモンド連銀製造業指数が+25となり、市場予想の+11より強い結果となったことを受けて、米景気の持ち直しに対する期待感から、10年債利回りは 3.385%まで上昇幅を拡大。ただ、同時に発表された、米12月消費者信頼感指数が52.5と、市場予想56.4を下回ったことで、やや伸び悩んでいる。

 0時5分現在、米10年債利回りは3.381%、ドル円は82.10円、ユーロ円は107.92円で推移。



ユーロ円の下落が一服、108.10円前後へ戻す12/29 00:25





 ユーロ円の下落が一服。一時107.73円まで下押ししたが、さらに下方向を試す動きとはならず。その後は、ドル円が82.15円まで戻す動きに合わせて、108.10円前後まで水準を持ち直している。

 0時24分現在、ユーロ円は108.09円、ドル円は82.16円で推移。
FX 外国為替投資倶楽部/中山金杯/京都金杯





posted by 株マニア at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

ドル円は82円後半で底堅い

 ドル円は、為替市場全般で中国利上げを意識したリスク回避の動きが先行したなかでも底堅く推移。仲値需要のドル買いが大きく膨らんでいたことが背景となり、リスク回避の動きに対しても、ドル買いの方向でより強く反応したもよう。ただ、「輸出筋も売りオーダーをしっかり置いてきている」(邦銀筋)ようで、「オーダーの水準に届かない場合は必要な分を売ってくる姿勢」(同)だという。

 10時12分現在、ドル円は82.95円、ユーロドルは1.3105ドル、ユーロ円は108.69円で推移。


FX 外国為替投資倶楽部

posted by 株マニア at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

ECBスタッフ見通し、2010、11年の成長・物価を上方修正

 トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁は9月2 日、定例理事会後の記者会見でECBスタッフ見通しを発表した。トリシェ氏は、会見で「最新のデータは予想より強かった」、「明らかに二番底に陥らないことを示す」と発言したように、成長見通しを引き上げた。またインフレについては「リスクはやや上方に傾いている」と述べた通り、インフレ見通しも上方修正した。今回の結果を受け、以下は前回と今回の国内総生産(GDP)・インフレ(統合消費者物価指数=HICP)見通しの内容。なおECB見通しは四半期に 1回変更され、3、6、9、12月に行なわれる。

2010年見通し(9月時点)
GDP 1.4%の上昇−1.8%の上昇 中央値 1.6%の上昇
HICP 1.5%の上昇−1.7%の上昇 中央値 1.6%の上昇  
2010年見通し(6月時点)
GDP 0.7%の上昇−1.3%の上昇 中央値 1.0%の上昇
HICP 1.4%の上昇−1.6%の上昇 中央値 1.5%の上昇 
 
2011年見通し(9月時点)
GDP 0.5%の上昇−2.3%の上昇 中央値 1.4%の上昇
HICP 1.2%の上昇−2.2%の上昇 中央値 1.7%の上昇
2011年見通し(6月時点)
GDP 0.2%の上昇−2.2%の上昇 中央値 1.2%の上昇
HICP 1.0%の上昇−2.2%の上昇 中央値 1.6%の上昇


スプリンターズステークス 2010/スプリンターズ・S 2010/スプリンターズステークス 2010
スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010
posted by 株マニア at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

投資戦略(クオンツ)

ファクター/スタイル:「引き続きモメンタム・バリュー」

 PBRが効かない相場環境が続いている。PBRが効かない背景には、季節性の他にバリュー・スプレッド(以下、VS)がある。VSはPBRが効く余地で、母集団の銘柄をPBRの低い順に並べた際、ランキングが全体の75%に位置する高PBR銘柄のPBRと、25%に位置する低PBR銘柄のPBRの比で定義される。VSが小さいほど、将来にPBRが効きにくくなる。暫くPBRが効きにくかったことで、VSの過去平均に対する下方乖離が解消しつつあるものの、依然下方乖離状態が続いている。まだPBRにベットしにいくよりも、モメンタム・バリュー(進捗率等のリビジョン系ファクターとPERの組み合わせ)を推奨したい。また、PBRファクターに対する比較優位(現在、PBRよりも配当利回りの方が、VSが大きい)や、国債利回りに対する比較優位から、配当利回りファクターの有効性も期待されよう。




債務整理/中央競馬/勝ち馬/単勝 馬券術/スポニチ 競馬/投資競馬



posted by 株マニア at 11:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日足テクニカル・ユーロドル=雲のサポート割り込み動きさえない

 陰線引け。雲のサポートを割り込んでいる。

 転換線の抵抗が重く見えてきた。21日移動平均線(本日1.2883ドル前後)を目標とした戻りを狙う動きもいったん後退。雲の上限と低下傾向の90日移動平均線(現在1.2635ドル)に挟まれたレンジ前後で、しばらくさえない動きが続くことになるか。



レジスタンス1.  1.2746(日足一目均衡表・転換線)

前日終値     1.2664

サポート1.     1.2588(8/24安値)




債務整理/グリーンチャンネルスプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010

posted by 株マニア at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

インド株は小幅反発、買収合意を好感しプラス圏確保

◆SENSEX:18409.35 +7.53 +0.04%

 インド株式相場は小幅反発。印自動車大手マヒンドラ・アンド・マヒンドラが韓国の双竜自動車と買収合意したため、プラス圏を確保して引けた。株式指数 SENSEXはアジア株が軟調で手掛かり難となり、前日終値を上下する展開に終始。中盤でこそ18454.38pまで本日高値を更新するも、19日につけた2008年2月以来の高値付近では上値が重かった。12セクター中で6セクターが上昇。マヒンドラ・アンド・マヒンドラが押し上げ、自動車に買いが入った半面、資本財や銀行が軟調だった。


携帯アフィリエイトヴィンテージアフィリエイト成功法携帯アフィリエイト博多もつ鍋


posted by 株マニア at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

加7月景気先行指数は+0.4%、予想より弱いほか

 加7月景気先行指数は前月比+0.4%となり、市場予想の+0.7%より弱い結果となった。前月は+0.7%(+1.0%から修正)だった。
 加6月卸売売上高は前月比-0.3%となり、市場予想の+0.4%より弱い結果となった。前月は±0.0%(-0.1%から修正)だった。

米新規失業保険申請件数は50.0万件、予想より弱い

 米新規失業保険申請件数は50.0万件となり、市場予想の47.8万件より弱い結果となった。
 なお、前週分は48.4万件から48.8万件に修正された。



携帯アフィリエイト/博多もつ鍋/Lex Corp blog/サテライトシステム


posted by 株マニア at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

海外市場の動き

まもなく米7月鉱工業生産ほか発表

米7月鉱工業生産 〔予想 +0.5%〕 (前回 +0.1%)
米7月設備稼働率 〔予想 74.6%〕 (前回 74.1%)

NY市場は、世界経済の先行きに対する懸念が広がり、リスク回避の動きが活発と
なった欧州市場の流れを引き継いで軟調な展開で始まった。そして、ニューヨー
ク連銀製造業景気指数や対米証券投資が市場予想を下回る結果となったことを受
けてドルは上値の重い展開が続いた。 ドル/円は、小動き展開が続き上下30銭の
狭いレンジ内の展開となった。円は、日本政府や日銀の円高対策に対する警戒感
もあり、序盤以降は上値の重い展開が続いた。また、スイスフランは安全通貨と
して堅調な展開が続き、主要16通貨すべてに対して上昇となった。


インド株介護保険南アフリカランド株式投資日記



posted by 株マニア at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

13日の人民元の対ドル基準値は、1ドル=6.8035元

中国は、13日の人民元の対ドル基準値を1ドル=6.8035元と発表。

 本日の基準値は、12日に発表された基準値=6.8015元から+20pの元安・ドル高水準となる。



13日の外債・外国株式関連の投信設定



8月13日



運用 野村アセットマネジメント

名称 NEXT FUNDSダウ・ジョーンズ工業株30種ETF『愛称:NYダウ30種ETF』

販売 野村証券

上限 50億円

分類 海外株式型

※8月16日に大阪証券取引所に上場



運用 野村アセットマネジメント

名称 NEXT FUNDS NASDAQ−100連動型上場投信『愛称:NASDAQ−100ETF』

販売 野村証券

上限 50億円

分類 海外株式型

※8月16日に大阪証券取引所に上場





8月16日週の外債・外国株式関連の投信設定



8月16日



運用 岡三アセットマネジメント

名称 中国消費関連株オープン

販売 岡三証券、益茂証券

上限 500億円

分類 海外株式型






株式投資株式市況コスモ証券岩井証券日興証券













借金相談|法律相談|債務整理|司法書士|借金相談|法律相談|債務整理|司法書士|借金問題|借金相談|自己破産|多重債務|弁護士会|借金返済|弁護士相談|過払い請求|自己破産



posted by 株マニア at 12:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

ドルキャリーはどこまで続く

円高の作用が抜き難くある。企業収益は円高で押し下げられている分、株価にはネガティブに働く。この円高の原因は、円よりもドルの側にあるという見方が強い。

米国では、FRB(連邦準備理事会)が短期金利をしばらくの間低位に維持し続けるという観測から、ドルLIBORの3〜4ヵ月物までフラットになり、円LIBORとの間で金利逆転が起こっている。

こうした金利観は、短期資金調達を行い、金・原油などの商品、新興国株、より高金利の通貨への投資を増やす、ドルキャリー・トレードを活発化させている。
ドル全面安に作用して、円高やユーロ高の原因になっている。

米国では、これからクリスマス商戦に向けて個人消費が盛り上がるのかどうかが、景気情勢の関心事になっていく。

FRBは、年末以降の個人消費がしっかりと増勢基調に短期金利を低位に据え置き続ける姿勢をしれない。
行方は、クリスマス商戦でFRBが先行きをどう見るかにかかっている。
posted by 株マニア at 23:02| Comment(12) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする