2010年09月03日

ECBスタッフ見通し、2010、11年の成長・物価を上方修正

 トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁は9月2 日、定例理事会後の記者会見でECBスタッフ見通しを発表した。トリシェ氏は、会見で「最新のデータは予想より強かった」、「明らかに二番底に陥らないことを示す」と発言したように、成長見通しを引き上げた。またインフレについては「リスクはやや上方に傾いている」と述べた通り、インフレ見通しも上方修正した。今回の結果を受け、以下は前回と今回の国内総生産(GDP)・インフレ(統合消費者物価指数=HICP)見通しの内容。なおECB見通しは四半期に 1回変更され、3、6、9、12月に行なわれる。

2010年見通し(9月時点)
GDP 1.4%の上昇−1.8%の上昇 中央値 1.6%の上昇
HICP 1.5%の上昇−1.7%の上昇 中央値 1.6%の上昇  
2010年見通し(6月時点)
GDP 0.7%の上昇−1.3%の上昇 中央値 1.0%の上昇
HICP 1.4%の上昇−1.6%の上昇 中央値 1.5%の上昇 
 
2011年見通し(9月時点)
GDP 0.5%の上昇−2.3%の上昇 中央値 1.4%の上昇
HICP 1.2%の上昇−2.2%の上昇 中央値 1.7%の上昇
2011年見通し(6月時点)
GDP 0.2%の上昇−2.2%の上昇 中央値 1.2%の上昇
HICP 1.0%の上昇−2.2%の上昇 中央値 1.6%の上昇


スプリンターズステークス 2010/スプリンターズ・S 2010/スプリンターズステークス 2010
スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010
posted by 株マニア at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161377355

この記事へのトラックバック