2010年08月24日

インド株は小幅反発、買収合意を好感しプラス圏確保

◆SENSEX:18409.35 +7.53 +0.04%

 インド株式相場は小幅反発。印自動車大手マヒンドラ・アンド・マヒンドラが韓国の双竜自動車と買収合意したため、プラス圏を確保して引けた。株式指数 SENSEXはアジア株が軟調で手掛かり難となり、前日終値を上下する展開に終始。中盤でこそ18454.38pまで本日高値を更新するも、19日につけた2008年2月以来の高値付近では上値が重かった。12セクター中で6セクターが上昇。マヒンドラ・アンド・マヒンドラが押し上げ、自動車に買いが入った半面、資本財や銀行が軟調だった。


携帯アフィリエイトヴィンテージアフィリエイト成功法携帯アフィリエイト博多もつ鍋


posted by 株マニア at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 株ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160388862

この記事へのトラックバック